CLIP STUDIO PAINT illustration

CLIP STUDIO PAINT Research 01

今回から始めた新企画。私がCLIP STUDIO PAINTの使い方やイラストの描き方を研究するものです。
紙に描いた下書きをスキャンという方法もありますが、今回は直に描きます。
最近の主流は直描きなのかな?
とりあえず何か枠がないと、何処に描けばいいか狙いが定まらないので適当なコマを入れる。
下描きは濃い鉛筆がやりやすいようです。

今まで左右反転コピーは敬遠していたけど顔の部分だけつかてみた。
それなりにフォロワーがついておられるイラストレターさまは使っている事に気づいた。
どうやら人間の目には左右非対称なものは美しく見えないと言うことだろう。

4時間くらい掛けてここまでやったけど、本当の戦いはこれからだ。

マスクの方法が解らないと効率が悪そうなのでその方法を調べる。

右下の方にある「マスクをレイヤーに適用」を押し、出来たマスクを選択状態にする。
右上の方にある「マスクを有効化」「マスク範囲表示」にチェックを入れる。
マスクにしたい部分を「自動選択」などで選択してから透明色で塗りつぶす。
でいけました。
消しゴムで消すとマスクの範囲が広がり、何か描くとマスクが消える。
やっている途中で気がついたけど、フォルダーにもマスクを作成出来る。
フォルダーに作るとその中のレイヤー全てに有効になるようだ。
右手の親指を服の上に出したいけど、服の元のデータを消したくない時に
とりあえず服の部分を隠すのにマスクが使えます。

完成するのかこれ?

次のページへ >

-CLIP STUDIO PAINT, illustration
-,

© 2021 水無月亭